「伝わるシンプル文章術」の要約と感想|伝えられる文章の書き方とは

「伝わるシンプル文章術」ってどんな本?この本の要約を知りたい。
 
この記事では、ご覧の疑問に答えていきます。
 

誰にでも文章を書く機会はありますよね。ですが、頭の中にあるイメージを文章に書くのは難しく、思った以上に伝わらなかったりするものです。

Webライターが書く記事も同じで、情報の伝え方や伝える内容が異なると、読み手には届かず、途中で立ち去られてしまいます。

Web上の記事や情報は、スマホ1台あればいつでも、またどこでも読める時代。

言いたいことを伝えられる文章を書くことが必要不可欠です。

では、伝えられる文章にする書き方とは何か?

そこで、ご紹介したいのが「伝わるシンプル文章術:飯間 浩明(著)」です。

この本を読めば、読み手に伝わる文章構成を学ぶことができます。

この記事を読んで分かること

  • 「伝わるシンプル文章術」の要約
  • 伝わる文章構成の方法

参考にご覧下さい。

伝わるシンプル文章術を読んで欲しい人

ずばり、この本を読んで欲しいのは下記の人です。

  • 文章の書き方に不満を抱えている人
  • 文章の書き方を勉強している人
  • 文章構成を学びたい人
  • 伝えられる文章を書きたい人

Webライターの勉強をしている人にもおすすめできる本になっています。

本書の詳細

初版第1発行2018年3月25日
電子書籍版発行2018年3月25日
ページ数225ページ(電子書籍版:位置No2394)
著者飯間 浩明
発行者干場 弓子
発行所株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

本書はKindle Unlimitedでも読むことができます。加入済みなら無料で読めますのでお得です。

Kindle Unlimitedはこちらから

著者について

著者の飯間 浩明さんは国語辞典編纂者で、本書以外にも「日本語」や「辞書」に関する様々な書籍を出版しています。

様々なメディアから言葉を採集し、意味を分かりやすく伝える「日本語をこよなく愛する人」です。

参考元:Amazon_著者プロフィール

本書の要約|伝える型とはクイズ文

本書では、論理的文章で言いたいことを伝える為に「クイズ文」の型を使って書くことを教えています。

このクイズ文を理解することで、伝えられる文章が書けるのです。

クイズ文とは?

クイズ文とは、著者が名付けた「論理的文章の形式」を表した言葉で、「問題」+「結論」+「理由」の順番に書いていく方法です。

論理的な文章構成で知られる「PREP法」と比較すると、文章構成が若干異なるのが分かります。

【クイズ文】
①問題:
副業で人気が高い職業とは何か?
②結論:
Webライターは、幅広い層から注目されている人気の職業だ
③理由:
敷居が低く、家から出ずとも稼ぐことができるから
Webライターの中には、育児に日々奮闘している専業主婦もいる

【PREP法】
①結論:
Webライターは、幅広い層から注目されている
②理由:
家から出ずとも稼ぐことができるから
③具体的な例:
Webライターの中には、育児に日々奮闘している専業主婦もいる
④結論:
なので、Webライターは幅広い層から注目されている人気の職業だ

 
YAITA
文章の書き方にも、色々あることが分かりますよね。

本書では、様々な例文と共に、分かりやすく解説してくれます。

「問題」「結論」「理由」の関係

  1. 副業で人気が高い職業とは何か?
  2. Webライターは、幅広い層から注目されている人気の職業だ
  3. 敷居が低く、家から出ずとも稼ぐことができるから
    Webライターの中には、育児に日々奮闘している専業主婦もいる

クイズ文の書き方は、まず「問題を出す」ところから始まります。

次に、この記事で伝えたいことを読み手に届ける「結論」。

最後に結論となった「理由」を伝えます。

この3つのうち、どれか1つが欠けてしまうと、クイズ文として成立しません。

結論が無ければ、伝えたいことが分かりませんし、理由が無ければ、結論に説得力は生まれないからです。それに、問題が無いと読み手に問いかけることも、結論を伝えることもできませんよね。

なので、クイズ文で論理的な文章を書きたい場合は、問題・結論・理由の3つを用意しましょう。

反論にも想定しておく

クイズ文は、最初で読み手に「問題を出す」書き方になっています。考え方や内容の捉え方は人それぞれなので、伝えた内容に対して反論する意見が出てくるのは当然です。

つまり、クイズ文は読み手と議論を交わすのに適した文章と言えます。

想定される反論とそれへの再反論

情報を読み手に伝えたとしても、それに対する意見はあるものです。

なので、理由の後に「想定される反論と、それへの再反論」を前もって準備しておきます。

予想できる反論に対して的確な回答を明示できることで、より文章に説得力が増すのです。

①問題:
副業で人気が高い職業とは何か?
②結論:
Webライターは、幅広い層から注目されている人気の職業だ
③理由:
敷居が低く、家から出ずとも稼ぐことができるから
Webライターの中には、育児に日々奮闘している専業主婦もいる
④想定される反論とそれへの再反論
「文章が書けないから稼げない」と言った意見もあるが?
文章は「書く習慣を付ける」ことで解決できる

最後に結論を確認する

PREP法では、最後に結論を述べて文章を締めますが、クイズ文でも結論を最後に付け加えることができます。

①問題:
副業で人気が高い職業とは何か?
②結論:
Webライターは、幅広い層から注目されている人気の職業だ
③理由:
敷居が低く、家から出ずとも稼ぐことができるから
Webライターの中には、育児に日々奮闘している専業主婦もいる
④想定される反論とそれへの再反論:
「文章が書けないから稼げない」と言った意見もあるが?
文章は「書く習慣を付ける」ことで解決できる
⑤結論の再確認
Webライターは、幅広い層から注目されている人気の職業だ

本書を読み終えたら

本書では、クイズ文の使い方について丁寧に解説してくれます。この本を読み終えたら、実際に文章を書いてみましょう。

  1. 問題
  2. 結論
  3. 理由

ただ、すぐに対応できないかもしれません。

論理的に伝えられる文章構成を学んでも、その構成通りに文章が書けるまでが難しいからです。

なので、「文章を書く習慣を作ること」をおすすめします。

毎日少しずつ、生活に無理のないペースで文章を書く練習をしましょう。この習慣を作ることで、100文字〜1000文字〜2000文字と文章が書ける様になるからです。

ブログを書いている私も、最初は1000文字書くのに必死でした。ですが、毎日書く習慣を付けることで、長文記事も書ける様になりました。

日記文にしないこと

本書では、筆者の主観が多く含まれた文章を「日記文」と言う名前で表現しています。

日記文とは、出来事に対して感想を述べた文章を言い、メディアの報道なども日記文です。

クイズ文は、読み手からの反論や議論を重ねることで、より説得力を増す文章の書き方です。しかし、日記文では筆者の「主観」「感想」がメインになりますので、論理的でもなく、議論や反論へとなりません。

つまり、主観や感想の文章はクイズ文に向いていないのです。

まとめ:感想

Webライティングが学べる本は沢山ありますよね。特に文章構成に関してPREP法が主ですが、本書では「クイズ文」と言う全く新しい文章構成を学ぶことができます。

特に例文が多く、読みやすい文章で書かれていますので参考になります。

文章構成の重要さが学べるおすすめの本です。