【要約】稼ぐ人の超速文章術:中野巧|上手い文章を速く書く3つの方法

「稼ぐ人の超速文章術」には、どんなことが書かれてるの?
この本の要約を知りたい。
 
この記事では、ご覧の疑問に答えていきます。

ブログやSNS、メルマガ、ランディングページなど、情報の発信方法が無数にある現代で、読み手に選ばれる文章力は重要です。

上手い文章を速く書きたい」と願う人は多いでしょう。

ですが「どうやって書けばいいの?」「そもそも速く書けるの?」と疑問や不安を持つ人は多くいます。

そこで、おすすめしたいのが「稼ぐ人の超速文章術:中野 巧」です。

本書を読むことで、3つの方法が学べます。

  • 文章力を上げる方法
  • 読まれる文章が書ける方法
  • セールスライティングの方法

本書で解説している書き方を取り組んだ結果、飛躍的に効果が得られた実績も紹介されています。

実際に効果があるのなら、本書の中身が気になりますよね。

なので、この記事では「稼ぐ人の超速文章術」の要約を解説していきます。

・稼ぐ人の超速文章術の要約

参考にご覧下さい。

「稼ぐ人の超速文章術」をおすすめしたい人

ズバリ、本書をおすすめしたい人は下記の人です。

  • 文章の書き方が分からない人
  • 読まれる文章を書きたい人
  • 文章を速く書けるようになりたい人
  • セールスライティングを学びたい人
  • キャッチコピーの書き方を学びたい人

本書の冒頭、目につく文章があります。

速く書くことと、速上手い文章は、両立できる。

引用元:「稼ぐ人の超速文章術」_位置No.3

本書では「上手い文章を速く書ける型」を紹介しています。

つまり、型に沿って言葉を埋め込んでいくだけで「上手い文章を速く書けるようになる」ということです。

本書の詳細

初版第1刷発行2020年7月20日
電子書籍版発行2020年7月20日
ページ数287ページ(電子書籍:位置No.2540)
著者中野 巧
発行者谷口 奈緒美
発行社株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

著者:中野 巧(なかの こう)

本書の著者である中野巧さんは、エンパシーライティングの開発者でもあります。エンパシー(Empathy)とは”共感”を意味し、読み手の共感を生み出すライティング方法です。

本書では”共感を生み出す装置・エンパシーチャート“として、共感を生み出す方法が掲載されています。

本書以外にも書籍を出版しており、下記作品でもエンパシーライティングの解説があります。

「稼ぐ人の超速文章術」の要約

本書は全7章で構成されていますが、要約すると下記の通りです。

  • 今だからこそライティングスキルは重要
  • 超速の文章テクニック
  • 注目を集められる「穴埋めキャッチコピー」

今だからこそライティングスキルは重要

読まれる文章を書くには、読ませる文章力が必要です。

現在は、インターネットを使って誰もが情報を発信できる時代。スマホ1台あれば、TwitterやInstagramで情報を発信し拡散され、時には社会を動かす力となる場合も。

また、YoutubeやTikTokなど動画配信も盛んになっています。

これら情報の発信方法は様々ですが、言葉や文章で伝えることは変わりません。

極端な話、英語が分からない人に英語で話しかけても、内容は伝わりにくいですよね。

そして、アピールできなければ、読み手に選ばれることも無く埋もれていきます。

なので、文章で内容を理解、納得、共感してもらう為には、読み手に伝えられる文章力が大切になります。

文章力が高くなることで得られる効果は下記の通りです。

  • 商品やサービスの価値が正しく伝わるので成績が伸びる
  • 情報が正しく伝わるので、無駄が少なくなる
  • 文章を書く負担が減る

上手い文章を書けることで読まれる文章となり、質の高いコンテンツとして情報を発信することができます。

文章を、上手く、速く書く

「コツさえ掴めば、誰でも上手になる」と本書で著者は語っています。その為には、上手く書くノウハウが必要です。

インターネット上には無数の情報がありますので、「文章の書き方」を学ぶことは難しくはありません。

ただ、他にも文章力に重要なものがあります。速さ、すなわちスピードです。

世界は今、もの凄い速さで進歩し続けています。

上手い文章、質の高い文章を書けたとしても、時間がかかっていては最適のタイミングで情報発信できませんし、作業効率も良くありません。

つまり、時代に遅れてしまうのです。

なので、本書では「SNS」「ブログ・メルマガ」「ランディングページ」の3つに分けて上手く、速く書くテクニックを解説しています。

超速の文章テクニック

そのテクニックとは「エンパシーライティング」です。

本書では、エンパシーチャートとして、1枚のシートに情報を埋め込んでいくだけで、読まれる文章になっていきます。

読み手の共感を生み出す

「この情報は私が探してたもの!」と読み手に選ばれる文章にするには、読み手に共感してもらうことが必要です。

共感してもらうには、まずは「あなた自身」から読み手に寄り添うこと。

しかし、理屈では分かっていても文章にできないものですよね。

そこで、著者が開発したエンパシーチャートの活用です。

チャート内に沿って書いていくだけで、共感を得られる文章を構成していく型を学ぶことができます。

上で触れた「書き方のコツ」が得られるのです。

注目を集められる「穴埋めキャッチコピー」

共感できる文章を書けたとして、それが読まれるのにはキャッチコピーが必要です。

電車内や街角、雑誌など「続きが気になる文章」はありますよね。

情報を読ませるには「きっかけ」が必要で、きっかけを与えるのはキャッチコピーです。

たとえ有益な情報が書かれている記事でも、読まれなければ埋もれてしまいます。

なので、読み手に「気になる」を意識させるキャッチコピーは必要なのです。

本書では、注目を集められるキャッチコピーの書き方を「穴埋めキャッチコピー」として紹介しています。

型はあるので、埋め込むだけです。
それだけで簡単にキャッチコピーが書けます。

実践する際のポイント

本書を読むことで、読まれる文章を書くコツが学べます。

まずは、実際に文章を書いてみることです。その際は、本書で書かれている型に埋め込み、チャートを正しく使用しましょう。

文章を書く際は頭で内容をイメージしますよね。ですが、文章構成や書く内容を可視化できる状態にした方が「何を書きたいのか」「何を伝えたいのか」がわかりやすくなります。

すなわち、読み手にも共感を得やすく、結果に繋がりやすい文章が書けるのです。

読まれる文章の基本を大切にし、型を守って書いていけば、自ずと読まれる文章が書けるでしょう。

そして、あなたの自信にも繋がっていくはずです。

まとめ

この記事では、要約として本書を紹介していますが、読みやすい文章で書かれていますし、図解の説明もあるので分かりやすい1冊となっています。

情報発信の方法は多様になっている現在ですが、その基本となるのは「文章」です。

読み手に共感を得られる文章を書くことで、商品やサービスの購入、リピーターの増加にも繋がっていきます。

おすすめの1冊なので、是非手にとってみて下さい。

また、本書はKindle Unlimitedに加入している人は無料で読めます。