【ソフィーのアトリエ2】シュテルンバグの居場所は?|虫取り網の入手方法も併せて紹介します

・シュテルンバグってどこにいる?
・虫取り網のレシピは?

本記事は、ご覧の疑問に向けた内容です。

こんにちは。YAITAです。

2022年2月24日(木)に発売されたNintendo Switchソフト「ソフィーのアトリエ2 〜不思議な夢の錬金術士〜」で遊んでいます。

アトリエシリーズではストーリーを進めるために、素材からアイテムを調合する必要があります。素材の種類も多く、植物から鉱石、食物、モンスター素材など様々です。

素材の入手手段として「虫取り」があります。

虫取り網では主に(虫)を入手し、ストーリーを進めるアイテムを調合するために必要です。

しかし、序盤では虫取り網を所持していないため、専用のポイントで虫取りを行えません。また、虫取り網の発想にはシュテルンバグ(てんとう虫)が不可欠です。

今回は「シュテルンバグの居場所と虫取り網の調合」について書いていきます。

ストーリーに触れますので、嫌な人はページを閉じて下さい。

シュテルンバグは虫取り網の発想に必要

虫取り網はプラフタで調合し、発想にはシュテルンバグ1匹を採取することです。

条件は簡単ですが新たにシュテルンバグを採取しなければならず、居場所が分からないと発想できません。シュテルンバグは”てんとう虫”のことです。

私が虫取り網を発想したのは2章クリア以降でした。2章の最後はボスとの戦闘があるので、LV30付近まで育成する必要があります。

シュテルンバグの居場所

アトリエから最短距離で見つけたい場合は、アトリエを出てすぐの壺にシュテルンバグがいます。ただ、他の素材が抽選される可能性もあるため、確定で入手できるとは限りません。

壺は2つあるので、どちらかの壺でシュテルンバグを採取できれば虫取り網を調合できるようになります。

仮に壺を2つ壊してシュテルンバグを採取できなかった場合、アトリエに戻って再度外に出れば壺が復活しているので簡単です。

また、産声の緑地では下記画像の赤丸部分にシュテルンバグを採取できる樽があります。

他の素材と併せて回収しましょう。

虫取り網の調合

虫取り網の調合はプラフタで行います。LV的には問題ないと思いますが、仮に足りない場合は他のアイテムを調合してLVを上げましょう。

虫取り網の材料はこちら。

素材名調合に必要な個数
束ねた金糸2個
(木材)1個
(植物)1個
(糸素材)1個

(木材)はキーファや苔むした流木。(植物)はキノス草や綿花。(糸素材)はウサギ毛や粘銀の糸などです。

束ねた金糸の材料はこちら。

素材名調合に必要な個数
綿花2個
粘銀の糸1個
(動物素材)1個

(動物素材)はウサギ毛やケモノの毛皮、丈夫な骨などです。

また、束ねた金糸は「綿花」と「粘銀の糸」の採取で発想し、産声の緑地で採取できます。

調合したアイテムは装備する

採取アイテムは、調合しても装備しないと使用できません。装備をしない状態でポイントに出向いても「使用可能なアイテムを所持していません。」と表示されます。

メニュー(X)→ 道具 → 採取項目で装備

虫取り網を使って、モリモリ素材を集めましょう。

以上「シュテルンバグの居場所と虫取り網の調合」についてでした。